2014年08月07日

All that glitters is not gold…(^.^;)A

gold.jpg
STAP細胞の一連の騒動が始まって、管理人が感じたこと。

『人生平均』

これは管理人の親友の一人が、会話の中で言った言葉です。

「完璧な人間なんておらへんし、どこかが飛び抜けていればどこかが欠落しているもんやで。」

最初の理研の会見をテレビで見たとき、人間は頭が良すぎると、他を思いやる心は育たないのか…と正直思ってしまいました。

そして、凡人には理解不能な学問は理解できても、社会性や常識は???

もちろんそういう人ばかりではありませんが、ここで一つ、管理人の父とご縁のあった、超インテリな方のお話を。

Fさんはハーバード大学出身の日本人で、人体のある一部分の研究にかけては日本一とも揶揄される人物。

その才を見込まれ、ある有名大学の職員として日々研究に励んでいらっしゃいました。

しかし、自分の研究や理論に対して自信過剰、そしてプライドが高すぎるため、自分の上司や同僚がFさんの理論や意見から少しでも何かを盗用したという疑心暗鬼に陥ると、まずインターネットを利用して内部告発をするのです。

こんなの管理人なら、まず本人と直接話して、どういう経緯でこうなったのかということを聞くでしょう。それも、その引用(Fさんいわく盗用)は、同じ分野の研究をしていれば必ず出てくる言葉や理論らしく、それは何も、Fさんがこの世で最初に生み出したものではないとのこと。そして相手を糾弾しようと試みる。しかし周りの人にとっては、それがFさんの仕業だということは明らかで、結局Fさんは相手に謝罪してほしいだけなのに、そういう手段でしか行動を起こすことができない。

素晴らしい頭脳はあるけれど、社会生活においてのコミュニケーション能力は欠如しているのです。

その優秀な研究者Fさんの将来を心配し、友人であるDr.HがFさんを管理人の父に紹介しました。我が父であれば、何かFさんに一筋の光を見せてくれるのではないかと…

一連の出来事をDr.Hから聞いていた父ですが、Fさんが一人で父の事務所を訪問した際、事前の情報とFさん本人の話を聞き一言。

「あなたは人ではあるけれど、人間ではないね〜!がっはっはっは!!!」

Fさん、目がテン…そんなことを言われたのは初めてです…と驚いてはりました。

その後、何度か交流を重ねた中での父からFさんへのアドバイスは、医師免許を取得しなさい、ということでした。とにかく優秀な方ですから、そう年数をかけず取得が可能であろうという推測から。何せ、お勉強はできますからね(笑)。大学ではうまく人間関係が作れない。それなら自分で開業して、専門知識を活かして頑張りなさいということなのでしょう。

そしてFさんは父のアドバイスを受け入れ、自身の論文をどこかの大学へ送りすぐさま編入が決定。いよいよ学生生活に突入!という時に、父への近況報告のメールが入りました。そこには父への感謝の気持ちと、もう一つ…

「先生、つきましては私、学生生活に入るため数年の間収入が途絶えます。私と妻、そして二人の子供の生活費として、月々100万円のご支援をよろしくお願いします。医師免許取得を勧めて下さったのは、先生なのですから。」

管理人にメールを見せながら、父は呆れ顔…
「これじゃあ、アカンわな。賢いのにアホやな〜。がっはっはっは!!!」

優秀な方々は、物事を考える次元がかなり違うようですね。おしまい。


posted by casadelpapa at 16:22| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

Face to Developmental disorder…(-.-)

sunflower2.jpg
皆さんは、『発達障害』という言葉をご存じでしょうか?

『発達障害』は『知的障害』とは異なり、見た目だけではなかなか分かりづらい障害です。知能に問題がないケースが多いのですが、言葉の遅れや知覚異常、様々な対応が不器用、人とのコミュニケーションがうまく取れないなど、その人と直接関わることで気付くことができます。

聞き覚えのある言葉としては、自閉症、アスペルガー症候群、多動・注意欠陥障害、そして学習障害も『発達障害』の一つです。

管理人は専門家ではないので、ここで詳しく述べることはしませんが、職業柄、そしてこれまでの経験上、『発達障害』がある子供(実は大人も…)はだいたい分かったりします。

この分野の研究がまだまだ進んでいなかった頃、例えば、管理人が小学生だった30数年前などは、学習障害の子供であれば、ただ単に勉強が苦手、勉強ができない、ってことで済まされていました。うちの英会話教室にもおりますが、耳で聞いた言葉はとても上手にコピーできるのに、文字を見た途端にどう発音していいか分からなくなる…音と文字が、頭の中で結びつかないのです。学習に関する他の内容でも、一つ一つ点を打つように学んできたことが最終的に結びつかないので、全体を理解することができない。

上に述べたのは一つの例ですが、それぞれの『発達障害』には、見分けるためのいくつかの特徴があって、管理人はこの仕事と出逢えたお陰で、『発達障害』を、自己流ですが勉強し、知り合いの専門家に教えを乞い、自分なりにこれを持つ子供たちと向き合ってきました。今も、管理人が運営する英会話教室では数人『発達障害』を持つ生徒さんがおり、日々試行錯誤しながら対応しています。

しかし、本人はそれを分かってはいませんから(自分はいたって普通に振る舞っているわけですからね…)なかなか改善が難しかったりするのです。ということは、まずは家族、その次に周りの友人・知人などの理解と対応がポイントになってきます。その子がそういうものを持っている、ということを理解している人たちの中で育つのと、その子に対して???如いては×××という感情を持つ人の中で育つのとでは、大きな違いがあるように思います。なので親御さんはそれを隠さず、きちんと周りに伝える方がよいと、管理人は考えています。でも日本では、『障害』という言葉が付くと、どうしても隠したくなるのが現状のようです。

ですので管理人の教室では、まず同じクラスの子供たちに、もちろん『障害』という言葉を使わず、〇〇ちゃんはね、こういう時はこういうふうになるからね〜、みんなで、「今は違うで〜」って言うたげてね。先生が言うと、叱られたと思って元気がなくなっちゃうからね。みんなで、〇〇ちゃんと先生を助けて下さい。などなど…と頼みます(笑)。

そうすると子供たちは、それまで〇〇ちゃんを奇異な目で見ていたのに、いっぺんに優しくなるんです!そして、私が何かしてあげよう、助けてあげたいって思うんですよね。管理人は魔法の言葉をいくつか持っていて、それを使うと、見事に子供たちは一つの輪を作ってくれるんです。

これからも管理人は、一英会話講師だけに留まらず、将来この子たちが色々な人を理解することで素敵な人間関係を築き、幸せな人生を送れるように、そしてそこに英語が武器として有効に働くように、そういうところを目指して関わっていきたいと思っています。

いい仕事、させてもらってまするんるん
posted by casadelpapa at 16:27| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

In spring it is the dawn that is most beautiful♪(-.-)

sakura12.jpg
和歌山城の桜は、本日満開
しか〜し、我らのお花見予定日は2日後の木曜日…もうちょっと頑張ってね、桜さん

今月から我が子も我が教室も、そして昨年より小学校のALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)となったダーリンにとっても新学期が始まります管理人にとっては、『腰掛けタップダンス』のカルチャークラスのスタートも控えており、盛りだくさんの春となりそうでするんるん

我が父が開発事業に関わっているふじと台には、『イオンモール和歌山』がオープン和歌山人の財布の紐は固い…がく〜(落胆した顔)と言われながらも、連日たくさんの人出で賑わっているようです現役時代の父の大きな仕事の一つは、関西国際空港の建設でした飛行機和歌山県議団の関空対策委員長として、命を懸けてやり遂げた仕事ですぴかぴか(新しい)職業として政治家をするつもりはないビル信念を持ち、使命を感じ、大きな目標を掲げ、政治家という仕事をしたいパンチという父は、常に一つの大きなゴールを目指し進んできた人でありますダッシュ(走り出すさま)引退後も、地域の発展と活性化のために様々な仕事に関わってきましたが、このふじと台の開発については、自ら人生最後の大仕事だと言っています晴れ

管理人は、この仕事に関わったたくさんの方々のご苦労を見て来ましたたらーっ(汗)そのため僭越ながら、和歌山大学前駅のオープン電車そして『イオンモール和歌山』のグランドオープンには、感慨深いものがありましたもうやだ〜(悲しい顔)この気持ちは、21歳の時に初めて関西国際空港に降り立った時と、まさに同じであります

今年の春は、これまでの春よりさらに清々しい気分です
毎年毎年、こんな気持ちで春を迎えたいものですねそのためには、前進あるのみ…グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

posted by casadelpapa at 17:47| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

Touching Reunion…(^o^)/

class.jpg
今日で楽しい(ほんまか…)GWも終わりますね〜わーい(嬉しい顔)我が家は遠方へ旅行することもなく、近場で健康的なホリデイを過ごしました晴れそんな中今年のGW中に1日だけ勝手をさせてもらい、いや実際は半日ですが、ある人に会いに一人で大阪まで出掛けました電車

同じ教育機関に所属し、南大阪エリアで英会話講師をされているY先生るんるん3年前の本部研修で出会い、なぜか意気投合揺れるハート管理人とは違い、学生の頃から学業成績も優秀であったと思われる才女ですかわいいY先生は超超超〜多忙なのに、管理人のためにわざわざ時間を作って下さり、3年振りの再会となりましたぴかぴか(新しい)

現在、Y先生の教室は南大阪一の大教室かわいいお話を聞くとほとんどお休みはなく、本当に忙しい日々を送っていらっしゃいますダッシュ(走り出すさま)おしゃれなカフェでおいしいパンケーキとお茶、そしておしゃべりを楽しみ、そのままランチに突入〜〜〜パンチおしゃべりは、まだまだ止まりませんキスマークキスマーク

Y先生の教育に対する思い、それに見合う能力の高さ、お人柄、ご家族を含めた彼女を取り巻く環境、そして日々の努力などなど、なぜ、Y先生の教室がたくさんの子供たちと保護者に選ばれ、愛されるのかるんるんよ〜く分かりますひらめき

管理人より年下ながら、Y先生のその大きな包容力に思わず色々愚痴ってしまいましたよちっ(怒った顔)管理人は、英会話講師としてはダーリンのファミリーネームを通名として使っていますが、一時期、同業者のベテランの方々には、陰で日向で(笑)よく言われたものですふらふら「カタカナの名前だといいわよね〜目」とか、「留学してたっていうだけで、得よね〜目」とか、「国際結婚・・・うらやましいわ〜目」ってね曇りベテランさんが下す英会話講師としての管理人の評価の中には、何も、管理人本人の努力や実力に対する言葉はない訳です雷でも逆に、管理人が尊敬できない先輩方に高評価されたってちっとも嬉しくはないので、まぁええかとも思ったり・・・ふらふら

国際的な仕事をしているにも関わらず、年功序列(ここでは、年齢ではなく長くこの仕事を続けているという意味)で、地元出身者がさも偉いような、日本の(悪い意味の)古い慣習で力を誇示する頭の固い大先輩・・・雨もちろんそういう方ばかりではありませんが、20年、30年と同業者同士の活発な横の繋がりもなく、実社会から離れた教室という世界で、自分より弱い立場の“生徒”というクライアントを相手に、自分のやり方で事業を運営してきたという事実ふらふら上司に叱られたり、失敗の責任を取らされたり、チームでプロジェクトに取り組み、その中の人間関係で悩んだり、又喜びを分かち合ったり・・・そういうことはほとんどない訳ですたらーっ(汗)社会性の欠如が甚だしいな〜と思った方多数もうやだ〜(悲しい顔)

Y先生も管理人と同じ経験をお持ちで、一部の不誠実な先輩方に対しての怒りを話して下さいましたパンチ人間は経験を重ねることで、色々な物事に対する対処方法を身に付けていくものです手(グー)まぁ、慣れや要領ってことですよね手(パー)でもそれに甘え、新しいことへの挑戦や変化を嫌い、ぬるま湯を好み、それを壊そうとする人には牙をむくパンチ管理人は、自分にとってそう遠くにある訳ではないこのような状況に、正直うんざりしていますバッド(下向き矢印)『私は私の信じた道を・・・』という思いだけでは、時折辛く、そして悲しくなってしまいますもんあせあせ(飛び散る汗)

久しぶりのY先生との濃〜い時間ぴかぴか(新しい)管理人が立ち向かうべき新たな課題と、変わらず持ち続けるべき教育者としての原点を思い出させてくれましたるんるんY先生、本当にありがとうございましたリボン次回、お会いできる日を楽しみに、明日から管理人は、又いつもの生活に戻ります晴れ晴れ晴れ
posted by casadelpapa at 16:00| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

April showers bring May Flowers…(^^)/

慌ただしく過ぎた3月と4月💨何が何だか訳が分からない時もありましたが(笑)、ただ今管理人は、GWに合わせた一週間のお休みを満喫しております💠まさに本日のお題の通り、幸せな気持ちで5月を迎えることができました☀

開講6年目を迎えた我がEnglish Classroom🎵開講初年度から、毎年少しずつ生徒数が増加⤴状況によっては入会をお断りしなければならないくらいにまで成長させていただきました😖

管理人は、アシスタント講師を置くつもりは全くありません👊とにかく、自分が直接指導してなんぼだと思っていますので、教室の規模を拡大することが第一目的ではないのです😖管理人の英語力と指導力を必要として下さる方に、今できるBestを尽くし対応させていただく✊そのためには、1クラスの最大人数は6人に設定しています💺7人以上のクラスでは、管理人の思う『質』の良いLessonはできません⇒もちろん、管理人より実力のある指導者の方なら別ですが、管理人がこの仕事を続けてきてたどり着いたのが、1クラス6人までが管理人の許容範囲であるという結論💡

そしてもう一つ、世間では、英語教育を開始するのは早ければ早いほどよいと言われていますが、管理人の持論は少し違います👀赤ちゃんの頃から英語を聞かせるのはとても良いことですが、これはわざわざ教室に通わせなくても、家族で取り組むことができますよね✌我が家のように自宅には常に洋楽が流れ、外国語が飛び交っているという状況は難しくても、親がBGMとして洋楽をかける💿(ビートルズやカーペンターズなどは、保護者の皆さんにもいいリスニングレッスンになりますよ👂)とか、DVDやCATVのアニメーションを副音声📺(オリジナル言語)で観るとか、英語と触れ合う方法はたくさんあります✨この持論から、レッスンというかたちで英語を始めるなら、年中から小学校2年生の間がいいと思っています📖ということで、当教室の最年少クラスは年中・年長クラスとなっています🎩実質2・3歳レベルの受け入れはしておりません😖大変申し訳ありません💧

2013年度は以上の理由もあり、週5日(平日のみ)18クラスの稼働でスタートしました☀初年度と2年目は土曜日も開講しておりましたが、まだまだ小さい息子と娘&青い目のダーリンのことを考えると、土日はファミリーデイにしたい💓との思いから、3年目からは平日のみの開講とさせていただいております💧そのため、時間が合わず転校していただいた生徒さんもいらっしゃいます😵しかしそこは、管理人自身が心身ともに健康でないと逆に生徒さんに悪影響やご迷惑をかける可能性もあり得る😞と考え、潔く線引きをしました⚡

これに加え、今年の1月より週一回の『腰掛タップダンス』のクラスがスタート🎵こちらも順調ですよ〜⤴ありがたいことに、毎月生徒さんが増えています✨管理人にとっても、『腰掛タップダンス』をすることがとてもよいエクササイズになっており、公認インストラクターとしてクラスを開講してからは、運動をした当日に筋肉痛が起こるようになりましたからね〜😃そして何より、音楽🎵踊ること🎵人間🎵が好きな管理人にとっては本当に楽しくて仕方がない😃幸せ者ですね〜〜〜💠お金はないけど・・・(笑)💓

ということで、🎧新しい季節は〜、なぜか切ない日々で〜🎵ではありません✨
毎年前進させていただいていることに、心から感謝⤴⤴⤴
posted by casadelpapa at 11:45| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

I want to be a person who …(^o^)v

sakura1.jpg
いきなりですが、私は、人に好かれたいとか、よく思われたいとかって本当に思わないんです目
そりゃ〜嫌われるより好かれた方がマシ?楽?かもしれませんが、特に自分が好きでもない人によく思われようとは思っていませんふらふら強がりでもなんでもなく、人が私のことをどう思ってたって、結構平気なのでございますわーい(嬉しい顔)それに、私が大して好きでもない人が、私のことを好きになるはずもないですしねたらーっ(汗)でも実は過去に、好きでもない人に引っ付いて来られて困ったことは何度かありましたが、今思えば、それは私に興味があった訳ではなく、私に付属している色々なもの(目には見えない)が魅力的だったのだろうと思っていますプレゼントだって、私なんてなんの力もないし、ただただ一生懸命、遥か遠くにある目標に向かって走り続けているロックなおばはんっていうだけですからね〜パンチただ自分のことを、結構オモロイおばはんだと思ってはいますけど、何か・・・ダッシュ(走り出すさま)

どんな人になりたいか・・・どんな人をカッコいいと思うか・・・るんるん

まずは一生懸命な人でしょ〜晴れ
でも、きちんと自分の状況や自分自身のことを分かって、その上で、しっかり色々なことを考えて頑張っている人じゃないと、やっぱ尊敬はできませんバッド(下向き矢印)

そして、人に大して好かれなくても(少々煙たいと思われても)、信頼される人手(グー)あの人は、言ったことはきちんと最後までやる人だよねと言われたいと思っていますかわいいこれを『責任感』と言う(笑)雷

最後に、又会いたい、と思われる人でありたいな〜とグッド(上向き矢印)これは、私の人間性を好きになってもらうのとは別に、あの人の顔を見ると元気になる、あの人の言葉には力がある、あの人と会えば何かあるんじゃないかぴかぴか(新しい)『おもしろい=興味深い』ってことですから・・・ま〜逆の意味での興味やなんかもあるでしょうけどねがく〜(落胆した顔)

話は少し逸れましたが、その裏には、『信念』が必要だと思うわけであります手(チョキ)人の心に響く、人の心を元気にする一言が言える人っていうのは、やっぱり強い心を持っていますよねパンチ※これは「頑固」とは言わない(笑)ふらふらだって強い心を持っている人の方が、ある意味、人のアドバイスには柔軟だったりしますからね揺れるハート私は、自分の夢や目標達成のためなら、ある時には、作戦や今進むべき方向までもを変えられる『決断力』がないとダメだと思っていますひらめきこれこそThe Cranberriesの名曲『animal instinct』るんるん

私は毎月初めに、自分に問い掛けるようにしていますキスマーク
「どんな自分になりたい〜?今月は何を頑張る〜?どうやって水平線(地平線でもよしわーい(嬉しい顔))の向こうに行く〜?」
そして頭の中に浮かんできた色々な言葉やイメージを、スケジュール帳に清書します本もうこれは20代から実践してますから、かれこれ20年ぐらい続けている習慣です手(チョキ)そして時々振り返って読んでみると、結構自分の思いがカタチになっていたりするんですよ〜、マジでマジでグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)この習慣は、できる限り続けて行きたいなと思っていますかわいいそして死ぬまでに、何とか自分のなりたい人になりたいなと・・・晴れ
posted by casadelpapa at 12:28| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

いじめはNo Thank You!!!…\(`o')/

luffy.jpg
チビ君は、学校だ〜い好きわーい(嬉しい顔)今やピカピカの一年生は、ギラギラの一年生と化しているぴかぴか(新しい)
そしてたくさんの素敵なお友達ができ、毎日楽しくて仕方がないようだくつありがたいことである晴れ

管理人はと言えば、1学期からず〜っとお誘いを受けていた保護者による読み聞かせボランティアに登録し、2学期からは、結構頻繁にチビ君の学校に行っている車(セダン)

チビ君の担任は、管理人と同世代(まだはっきり年齢は聞いていないが、多分同じジェネレーション・・・目)のベテラン女性先生かわいいこのU先生、海外の日本人学校で勤務した経験を持ち、とても個性的で不思議なオーラを放っているぴかぴか(新しい)管理人は個人的に大好きるんるんなぜかと言うと、連絡帳など先生と保護者のコミュニケーションツールへのコメントが、かなり面白いひらめき洒落がよく分かり、きっちりポイントを突いてくれている雷そして授業もアイデア満載で、その様子を、毎日発行している学級通信で保護者に知らせてくれる演劇これって、本当に大変な作業あせあせ(飛び散る汗)『継続』は力なりパンチ大大大大Respectexclamation×2

ということでこのU先生、楽しいことが大好き晴れそして読み聞かせボランティアである管理人たちに、色々な提案をしてくれるるんるん

最近では、「ハロウィンの時期に、何かそれらしい雰囲気のものをお願いしますexclamation」そして次は、「クラスで本読みのコンテストをするので、審査員をお願いしますexclamation

U先生だけでなく、クラスの読み聞かせボランティアのリーダー的存在のMさんもこれ又素敵な方で、チビ君のクラスの読み聞かせママ8人(もちろん個性派揃いキスマーク)はすんごい団結力手(グー)毎回楽しくて仕方がない揺れるハート

ハロウィンの時はまずハロウィンの由来を読み聞かせし、その後、子供たちに大型ダンボールで作った家(もちろん手作り)を4件周らせ、『Trick or Treating 』をした家管理人は子供たちに「trick or treat」の発音を指導する役、それも魔女の格好で…わーい(嬉しい顔)ってか、もちろん読み聞かせママたちは、全員仮装している(笑)、U先生も進行途中でモンスターのマスクを被せられた(笑)わーい(嬉しい顔)

読み聞かせコンテストの時はMさんの提案で、ベスト3に選出された3組のグループ全員に『〇〇賞』として、手作りの賞状を授与リボンこれには子供たちも大喜びグッド(上向き矢印)このFine Playを、U先生もとても喜んでくれたぴかぴか(新しい)

管理人たち保護者と子供たちは、今や顔見知り猫何かの用で学校に行くと、「〇〇くんのお母さ〜ん」、「〇〇ちゃんのお母さ〜ん」と手を振りながら周りに集まり、色々なお話をしてくれる手(パー)管理人もチビ君のクラスの子供たちについては、全員顔と名前が一致し、その子の得意なことや性格もそこそこ理解している黒ハートそうなると、み〜んなかわいいのだ黒ハートたとえ管理人のかわいいかわいいチビ君が、「今日は〇〇くんに、いやなことされたちっ(怒った顔)」な〜んて言ってきても、すぐ相手の子の顔が浮かび、「〇〇くんはやんちゃやけどええ子やんるんるんチビ君、先になんか言うてないかい?」ってことになる目そうするとチビ君も、「・・・もしかしたら、〇〇したんがちょっとイヤやったかも・・・たらーっ(汗)」となるひらめき

これが、保護者も子供たちもお互いをよく知らずにいると、自分の子供に何かした〇〇くん、〇〇ちゃんということで、その子に対して偏見を持ち、如いてはその子の保護者、家庭にまで良くない感情を持ってしまうかも知れないふらふらしかしチビ君のクラスのように、決して全員ではないが、ある程度の保護者が子供たち、そして学校のことを分かっている環境では、誤解や勘違い、すれ違いの起こる率が低いように思うのである手(チョキ)実際我が家では、この状況がプラスに働いているハートたち(複数ハート)そしてまさに、いじめの発生を食い止めているパンチ

U先生とじっくりこの話をしたことはないが、管理人は本当に感謝しているかわいい

モンスターペアレンツが蔓延る昨今ではあるが、良き保護者と学校&先生たちのネットワークは、必ず、子供たちの幸せと明るい未来につながっていく晴れもう、悲しいニュースはたくさんだもうやだ〜(悲しい顔)管理人も微力ながら、辛く悲しい思いをする子供たちが一人でも減っていくよう、世の中に貢献していきたいと思う手(グー)
posted by casadelpapa at 12:28| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

秋の気配…(^.^)/

london2012.jpg
2012年の暑い夏が終わり、管理人も色々な事をリセットしています。オリンピックとパラリンピックでは、よく泣き、笑い、そして感動させていただきました。特にパラリンピックでは、『人間』というものについて深く考える機会を与えてもらい、とても感謝しています。

イギリスに留学していた頃、ロック好きな管理人はライヴやフェスティバルに頻繁に足を運んでいましたが、イギリスではそういう会場に必ずと言っていいほど、障害者の人たちが音楽を楽しめるスペースが設けられているんですよ。当時管理人にも、進行性の難病と闘いながらライヴに通う友人がいまして、彼が場所を移動したり、自分一人では十分にできないことがあると、ロック仲間みんなでサポートしたものです。真っ赤に髪を染めて、ボディーピアスをいっぱいつけて、車いすに乗った彼が現れると、みんなで彼を囲み、談笑した思い出が蘇ってきます。

まさにジョン・レノンの『Imagine』の世界・・・いつかそういう世界が実現することを祈りながら、管理人は新しいスタートの準備を進めていきます!いよいよ管理人が大好きな秋の到来、まさにぴったりの季節です★★★
posted by casadelpapa at 12:39| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

from summer to autumn…♪♪♪

PAP_0403.JPG
今週からチビ君の2学期が始まりました。地域の小学校より、数日早く夏休みが終了です演劇
ロック母に、やっと平穏な日々が戻りつつありますかわいい

お盆の後、ロック母は久しぶりに東京に出掛けました飛行機パパが「たまには行っておいで〜猫」と送り出してくれまして、たった一泊二日ですが、イギリス在住の仲間の帰省をきっかけに東京で集まろか〜ということになりましたるんるん管理人の仲間うちにとっては、結局一番集まりやすいのが東京ってわけでして・・・

今回の管理人の一人旅は、20代初期を過ごした場所を辿るところから始まりましたくつ朝一番のフライトで羽田に到着し、一路西武新宿線の新井薬師駅へ向かいました電車懐かしい中野区上高田周辺を探索、通っていた美容院もまだ営業していましたぴかぴか(新しい)そして、暮らしていた家もありました家

PAP_0402.JPG
大家さんが所有している一軒家を、一階と二階二所帯住めるように改造した貸家で、よく仲間が集まり飲み明かしたものですビール一階の住人さんはエライ迷惑だっただろうと、今更ながら申し訳なく思いますたらーっ(汗)若気の至りとはこれまさに・・・
それにしても感動したな〜ぴかぴか(新しい)もう一生ここに来ることはないだろうと思うと胸がいっぱいになり、なかなかその場を離れられませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)その後、テクテクとJR東中野駅まで歩き、今度は勤めていた原宿、表参道方面に向かいました晴れ

PAP_0401.JPG
原宿駅前にはデッカイGAPができていましたブティック
自分の記憶を辿り、勤めていた会社があった場所まで歩いて行きましたが、風情があって大好きだった同潤会アパートは姿を消し、表参道ヒルズなるファッションビルに変貌かわいいその裏手にあった会社のビルもなくなり、その周辺もすっかり雰囲気が変わってしまっていました目でも、やっぱり表参道周辺はいいな〜わーい(嬉しい顔)猛暑の中、汗かきながら行って良かった晴れあせあせ(飛び散る汗)
そうして、管理人の東京の思い出を辿る旅は終了るんるんやり残したことがあったわけでもないのに、心の中で一区切り付いた感じがあり、何だかスッキリしましたわーい(嬉しい顔)

PAP_0400.JPGPAP_0399.JPG
そして夜は大宴会グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
高校卒業後和歌山を離れ、大阪⇒東京⇒ロンドン、そして帰国後は和歌山と、管理人が行く先々で育んだ友情が全て繋がっていますぴかぴか(新しい)みんな仲間になっているんです揺れるハートこれってすごいでしょ〜晴れアラフォーになってもみんな変わらんね〜るんるん楽しい夏のひと時、これから秋へまっしぐらでございますアート
posted by casadelpapa at 16:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

ロンドンオリンピック開幕…♪(^^)♪

mrbean.jpg
いよいよ、始まりましたね〜るんるん2012 LONDON OLYMPICぴかぴか(新しい)これから寝不足になること必至ですが、一生懸命日本を応援しながら、大好きなロンドンを堪能しようと思いますわーい(嬉しい顔)

オープニングセレモニーの模様は、早朝5時から見ましたよTVラジオ体操で間は少々抜けましたが・・・ふらふら

それにしても、ローワン・アトキンソン演じるMr.Beanはサイコーでしたわーい(嬉しい顔)ダーリンと大笑いあせあせ(飛び散る汗)

そして、管理人の愛するブリティッシュロック&ミュージックがたくさん流れました音楽
数々の懐かしい曲に、管理人は大興奮るんるん 

The Who
Muse
Sex Pistols
The Clash
The Jam
The Rolling Stones
The Beatles
Led Zeppein
The Specials
David Bowie
Queen
New Order
Duran Duran
Frankie Goes To Hollywood
Eurythmics
Oasis
Blur
The Prodigy
Underworld
The Chemical Brothers
etc.

ネットで調べてみると、プレイリストは大体こんな感じらしいです音楽

あ〜、ロンドンでの楽しい日々が蘇りますかわいいテレビを見ていても懐かしい場所が映ったりして、本当にウレシイたらーっ(汗)

やっぱり、イギリス大好き〜〜〜揺れるハートそして、がんばれニッポンパンチ
posted by casadelpapa at 16:33| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

フラメンコ⇒クラシックバレエ…(^o^)

PAP_0388.JPG
先週末土曜日は、久しぶりにフラメンコライブを鑑賞るんるん管理人がフラメンコを始めて約13年(長いだけですが・・・)たらーっ(汗)結婚前は本当によくフラメンコを見に行きましたリボンまだ梅田にもタブラオがあったし、とにかく色々なフラメンコを見たかった・・・規模の大小、スペイン人か日本人かに関わらず、関西圏ならどこにでも足を運びましたくつとにかくフラメンコを知りたいひらめきその一心でしたあせあせ(飛び散る汗)あの頃が懐かしいな〜わーい(嬉しい顔)

バイレはスペイン人のペドロ・コルドバ、メルセデス・デ・コルドバと、神戸の東仲マヤさん、甲府の金子文乃さんぴかぴか(新しい)それぞれ素敵でしたよ黒ハート

しかし今回、管理人の心に響いたのは、カンテ(歌)のアントニオ・ビジャールとギターのエル・ペルのパフォーマンスかわいい『LOS VILLARES』のCD買ってしもたよ〜〜〜CD

そして日曜日は、当スタジオでクラスを開講して下さっている『バレエスタジオ プレリュード』さんの第12回発表会〜くるみ割り人形・全幕〜を家族で鑑賞るんるんチャイコフスキーの作品だけに、ロック父も真剣に観ておりました目なにせうちのダーリンは本場の人ですからね〜パンチ

いつもはMr.complaintのダーリンですが、今回は違いましたがく〜(落胆した顔)
「くるみ割り人形役の男性ダンサー、すっごく上手いexclamation×2」ゲストダンサーの梶原将仁(かじわらまさひと)さんのことですクリスマスなかなか人のこと褒めないんですよ〜、うちのダーリンふらふらなのでこれには、かなりビックリexclamation

さて今回、プレリュードさんのバレエコンサートを拝見するのは2度目ですが、とにかく素敵ですかわいい皆さんの心が一つになった、本当に真剣でハイレベルな演技ぴかぴか(新しい)そして、洗練された舞台演出と企画構成ぴかぴか(新しい)これを入場料無料で、より多くの方々にご来場いただきたいという想いで上演していらっしゃる・・・素晴らしいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

和歌山スタジオでレッスンを受けているかわいらしい生徒さんたちを、舞台で見付けることもできましたよ晴れ本当に、本当にかわいかった〜〜〜黒ハート来年はいよいよ我が娘も出演となるのか・・・るんるん乞うご期待ぴかぴか(新しい)
posted by casadelpapa at 14:18| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

独り言、ボソボソ…(u.u)

devil.jpg
管理人は、話好きである・・・が、決して『おしゃべり』ではないと自負している手(チョキ)オモロイことは言っても、いらんことはできるだけ言わんようにしているつもりであるが、もちろんスベルことは多々ある(笑)ふらふら

何でもかんでも、頭で考える前に口に出したり、こういう時代だからネットで書きなぐる人ってのは、あまり好きではないバッド(下向き矢印)

そしてそういう人に限って、言う事がコロコロ変わったり、言ったように物事が進まなかったりすると、言い訳をしたりするキスマーク

決意や決断というものは心が穏やかであり冷静、そして公平に物事を判断でき得る時に、自分自身と向き合い、信頼できる人のアドバイスやこれまでの経験を思い出しながら、考えに考え、そして考え抜いてするものだと思うのだが・・・

自分としては『有言実行』を心掛けて来たし(できる範囲でだが、ベストは尽くしてきたつもり)、これからもそれでいこうと思っているくつもし失敗したり、周りの期待に沿う結果を出せなかったりしても、言い訳はしたくないちっ(怒った顔)

『不言実行』もちろんOK。おとなしそうに見えるけど信念あるなぁっていう人は、このタイプ多し。日本人的にはこういう人、カッコいいと思うパンチ

『不言不実行』の人とは、あんまりお友達にはなりたくないなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)ってか、多分ならない目

一番困るのは、『有言不実行』な人雨ここは大体、『言い訳』と『謝ることができない』というオプションが付いてくる(笑)がく〜(落胆した顔)

ほんまに疲れるふらふら

まだまだちっちゃい管理人、早くこういう人の事が気にならないデカい人間になりたいなぁ〜晴れ
posted by casadelpapa at 13:22| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

嘘続編…(-.-)

Hydrangeas.jpg
管理人が小学校6年生の時の話ビル

当時、管理人が通う小学校の高学年には音楽専任の先生がおり、週何回かの音楽の授業は、その先生が担当してくれていましたるんるん

今思うに、年齢は50代後半・・・子供の頃のイメージだと60歳以上だけど、それならもう定年退職しているはずだから、多分50代だったであろうと推測できます。自分も40代となり、周りには素敵な50代の友人もいる今の状況では、そのK先生が50代であったとは信じがたいのですが・・・がく〜(落胆した顔)

なかなか笑顔を見せないK先生、いつもブルドッグのような形相でとても怖かった〜ダッシュ(走り出すさま)忘れ物をしたり、授業中に騒いだりすると烈火の如く叱られ、泣き出す子もたくさんいたと記憶していますどんっ(衝撃)

管理人は音楽が大好きでしたるんるん歌を歌うのも、リコーダーを演奏するのも得意で、合唱の時にはよくコンダクターをやらせてもらいましたしねぴかぴか(新しい)だから音楽の科目については自負があり、少々調子に乗っていたかも知れませんたらーっ(汗)

さてある日の音楽の授業、K先生が前週に渡したプリントを“必ず”持ってくるようにexclamationと何度も言っていたにも関わらず、管理人は不覚にもそれを忘れてしまったのですふらふらそれに気づいた時、管理人の心臓がバクバク言ったのを今も覚えています。そして、やはり子供ですねぇもうやだ〜(悲しい顔)何とかして叱られないようにしないと・・・という気持ちになり、ある嘘を思い付いたのです目

ちょうど同じ日、管理人のクラスの授業の前に、隣のクラスも音楽があったはずひらめきそのクラスの子にプリントを貸してと言われ、まだ返してもらっていないと言おうキスマークそして作戦決行・・・

K先生「誰に貸したか言ってごらん?」

管「なんか急いでるみたいで、友達がプリント忘れたからとにかく貸して!って言われたから、最後は誰に貸したのか分かりません・・・」

バレバレであるバッド(下向き矢印)もちろんK先生はすぐ分かったはず目

K先生「じゃあ、今日は隣の子に見せてもらいなさい。来週はプリントをきちんと返してもらって、絶対忘れないように。」

ここで一件落着かわいいのはずだったが、授業が終わってからクラスメイトたちが、「〇〇〇ちゃんのために、プリント返さんかった子見付けてあげよう!」と言い出し、「ねぇ、ねぇ、貸してって言いに来たん誰?」、「多分、あの子ちゃう?あの子友達の事ようやってあげてるから。」、「でも借りた子、ちゃんと返さんのは悪いなぁ。それは言わなアカンでな〜。」

や〜め〜て〜もうやだ〜(悲しい顔)放っといて〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)管理人は冷や汗タラタラ・・・たらーっ(汗)

結局、借主は見付からず(当たり前バッド(下向き矢印))、管理人はみんなに、「もういいよ、K先生に頼んでコピーしてもらうから・・・」と言ったものの、やっぱり小学生、「K先生に、みんなで探したけど見付からんかったって言うたげるよ揺れるハート

もう、や〜め〜て〜台風構わんといて〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)でもそういう訳には行かず・・・何人かでゾロゾロ職員室へくつくつくつ

蒼ざめた顔で、K先生の目を見ることができない管理人たらーっ(汗)事の一部始終をすぐさま把握し、K先生はお友達を一生懸命助けようとしたクラスメイト達にお礼を言い、教室へ返しました。

K「〇〇さん、何か言いたい事あるよね?」

管「先生、ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)私、嘘を付きました。プリントは私が忘れたんです。でも叱られるのが怖くて嘘を付きました。本当にごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)

K「嘘を付いた事は本当に悪かったね。でももっと悪かったのは、お友達を裏切ってしまった事やで。あんなに一生懸命、あなたのためにプリントを探してくれたお友達やのに、あなたが嘘付いてたと分かったら、ショック受けると思うよ。でもね、先生はお友達の気持ちを無駄にしたくないから、この事は黙っておこうと思うんやけど、それでええかな?」

管「(号泣たらーっ(汗))でも、やっぱり本当の事言わんと、罰当たるかも知れへんし・・・」

K「ええのよ、これは先生と〇〇さんの秘密。本当の事言うたら、余計にみんなを悲しくさせると思うからね。これでええのよ。」

この寛大な対応によって管理人は大いに反省し、二度とお友達を悲しませる嘘は付かないと思ったのですたらーっ(汗)本当に自分が情けなく、悲しく、辛かった〜バッド(下向き矢印)それからK先生は学校内で会う度に、ブルドッグのような笑顔で管理人に微笑みかけてくれましたかわいいありがとう、K先生もうやだ〜(悲しい顔)

もしこの件で嘘を付いたという事で吊し上げられ、『嘘つき』というレッテルを貼られていたら・・・

本当に素敵な大人に囲まれ、守られて、子供時代を送れた事に感謝ぴかぴか(新しい)このような経験を、本当に今の仕事に活かす事ができていますかわいい一本調子の常識やルールに縛られず、その人(子)、その問題に臨機応変に対応し、問題解決にあたるパンチそれが管理人の人生のモットーでもあります手(パー)

あれからもう30年以上、K先生がどちらにいらっしゃるのかは知るすべもありませんが、本当に管理人の大恩人の一人である事に間違いはありません晴れ時には、人を守る嘘も必要なのです演劇
posted by casadelpapa at 14:40| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

嘘…(-.-)

Jellyfish.jpg
小学校3年生で、勉強がよくできる生徒が嘘をついた。

宿題を忘れたと言うので理由を聞くと、「ホームワークシートが無かったから、できなかった。」と言うのである。

もちろん、それは嘘・・・管理人も一応教育者の端くれであり公私ともに子供たちに毎日接しているわけで、子供の単純な嘘なんてすぐ分かってしまう。でもその嘘を責めたり、他の生徒の前で真実を明らかにするのは、この子の心を傷付けてしまう。

「先生、日本語で話すから、みんな聞いといてな。」と言って話を始めた。

「先生は先週、みんなのファイルにきちんとホームワークシートは入れたから、〇〇(生徒の名前)はどこかでホームワークシートを無くしたんやろな〜。これから、もし、みんながホームワークシートを無くす事があったら、お母さんに言って先生に電話を下さい。先生が新しいのをお家まで届けるから。

次に、どうしてもホームワークができない理由がある時は、その理由を先生にきちんと教えて下さい。そして次の週に二週間分、きちんとやって来てくれればいいから。でも三回連続の忘れはみんなも知ってる通り、レッスンには参加させんと見学やから(これ当教室のルール)。

それと、みんな覚えといてね。いくら頭が良くても、ホームワークをきちんとやってこない子は、真面目にホームワークをやってくる子に必ず負ける日が来る。何でも真面目にコツコツやる子が一番強い。それは忘れんといてな。

でも、もし、面倒くさかったり、なまけ心が出てしまって、自分の責任でホームワークを忘れたのなら、先生ではなく、きちんとホームワークをやってきたクラスメイトに、「ごめんね。」を言って下さい。先生は、ホームワークを忘れたくらいでは叱らないよ。みんなが謝らなければいけないのは、真面目にホームワークをやってきたお友達です。先生の教室は、真面目な子がウレシイ思いをする教室でなかったらアカンと思てますからね。以上。」

大人だって嘘をつくし、その中には嘘をつく事に何の罪悪感も持たない人だってたくさんいる。そして子供たちの目に、そういう人が、さも得をしているように見える時だってある。

そんな事言ってる管理人だって、もちろん嘘をつく事はある。でも人を不幸にしたり、自分をよく見せるための嘘はついていないつもりだ。

私たち大人が、全く嘘をつかない事が正しい・・・と果たして言えるだろうか?愛する子供たちが、これからの人生で立ち向かうであろう困難を、周りを不幸にしない嘘で回避しなければならない事だって、あって不思議ではない世の中である。

管理人は思う、教育も子育てもバランス感覚(もちろん常識あっての)が必要であると・・・親が平気でやっているのに、子供に「アカン!」ってのは、子供の親に対する信頼を失う事にもなり兼ねない。子供は見抜いている。

という事で、管理人がチビ君に話した、小学校6年生の時の悲しかった出来事は次回紹介させて頂く事にして、今回はこれでおしまいかわいいTo be continued・・・ぴかぴか(新しい)
posted by casadelpapa at 12:39| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

人間を4種類に分けてみる…(u.u)

moon.jpg
管理人の父曰く、人間を4種類に分けるとオモシロイと・・・目

とりあえずこのtheoryは管理人の父が勝手に編み出したものなので、異論反論様々ではあるとは思いますが、洞察力に長けた我が父の一つのアイデアという事でお許しをひらめき

●かしこかしこ・・・実際に高学歴で知識が豊富、俗にいうお勉強ができる人。そして自分のintelligenceを(これ見よがしの場合もありだが)堂々と披露する人眼鏡実は「かしこかしこ」さんの場合、謙虚さに欠ける人が結構いらっしゃるのは周知の事実ですが、ここに謙虚さを身に付けてはる人については世の中でたくさんの人に尊敬されていますねかわいい

●かしこあほ・・・本当はあんまりお勉強ができるわけではないのに、人からの受け売りやなんかで自分を勘違いし、intelligentだと思っている。言葉の端々などに「実はあんまり賢くないな〜ふらふら」を匂わせる何かが出てしまい、本当に物事の本質が分かる人には見抜かれてしまう、少々恥ずかしい人たらーっ(汗)陰で笑われていたりして、とても残念・・・雨

●あほかしこ・・・お勉強だけではなく社会的な知識、経験とも豊富であり、物事の本質を分かっている人。それであるが故に『アホ』の振りができ謙虚さを持っている。人から愛され、いざという時には『能ある鷹は爪を隠す』という事で本領を発揮するるんるん

●あほあほ・・・もう言葉の通りですが、こういう人でも「私、何にも分からんから教えてね〜キスマーク」と素直に言える性格の良い人(ここ大切揺れるハート)は、良き友達を持ち、何か困った事が起こってもたくさんの人に助けてもらえたりしますグッド(上向き矢印)実は、かわいらしい人と言えるかもぴかぴか(新しい)でも社会性に欠けていたり、人柄が悪い場合は最悪〜〜〜バッド(下向き矢印)その人の存在自体が社会悪となってしまいます爆弾


管理人の場合、新しい人との出会いがあると、この4種類×血液型を考慮し、これからこの人とどう付き合って行くべきかを自分なりに導き出したりしていますひらめきもちろんそれは偏見ではなく、より良い人間関係を構築するための一つの方法であり、若い頃のように「××型の人嫌い〜ちっ(怒った顔)合わへんから、友達になりたないわ〜パンチ」という青臭い考えはもう止めましたがく〜(落胆した顔)まぁ、少々性格が合わない人とでもうまくお付き合いする事ができれば、それは人生にとって+にもなる訳でね晴れ

でも正直なところ、できるだけ性格の悪い人(人の事言えるんか〜と言わないで〜もうやだ〜(悲しい顔))や色々な意味で面倒くさい人とはお近づきにならぬよう、今のいい人間関係を守る努力をしていこうとは思っています黒ハート

あっがく〜(落胆した顔)大切な事忘れてましたよあせあせ(飛び散る汗)

もう一つ、管理人のお友達になって頂ける条件・・・『バルト三国』をきちんと言える人って事でよろしくぅiモード(井上陽水かっあせあせ(飛び散る汗)音楽)
posted by casadelpapa at 12:50| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

セレブ…ですか…(u.u;)

celebtmt.jpg
これ、今話題の「セレブ・デ・トマト」ですってあせあせ(飛び散る汗)

セレブねぇ〜目英語では“celebrity”、本来の意味は、“大衆に広く注目されている人、話題の人”etc.眼鏡

今、日本で使われている“セレブ”というカタカナ語ですが、本当に変な風に使われていてビックリしますたらーっ(汗)

最近テレビで、日本でのこの言葉の使われ方はおかしい・・・と言っている評論家の方々を何人か見ましたが、その一人が「日本ではある意味、セレブ=成金って感じですねふらふらそしてまさにそういう方たちが、ご自分を“セレブ”だと思っていらっしゃいますね雨」と言うてはりましたが、まさに同感手(パー)

Twitterやブログなんかで、自分の持ち物やら何やらひけらかしてセレブ感漂わせようとしてる人を見付けると、吐き気を覚えるのは管理人だけでは無いはず・・・ほんまの“セレブ”はそんな事せんと思うのですがねぇたらーっ(汗)ex: 木嶋佳苗被告TV

考えるに、実はそれまで全く正反対の環境で育って来てたりして、ある時、昔から憧れていた“セレブ”の仲間入りができたと勘違いし、気持ちも態度も“(勘違い)セレブ”になってしまうものなのかも・・・って思ったりしてますもうやだ〜(悲しい顔)だって日本で使われている“セレブ”という言葉は、ある意味、“上流階級”的な意味も含んでいるでしょ?だから余計にそういう人は“セレブ”ではない訳でねバッド(下向き矢印)

息子が小学生となり、これまでのバリバリ働くママたちだけではない人間関係の拡大から、考えさせられる事多々あり曇りまぁ〜どこに行っても◎も×もあるのは常でありますので、とにかく管理人は懐だけではなく、第一に『心』が豊かでいられるよう努力をしながら進んで行きたいな〜晴れと思う次第パンチ

変な“ジャパニーズ・セレブ”は、しっかり見抜いて行きまっせ〜ちっ(怒った顔)

それにしてもセレブ・デ・トマトに罪は無いので、とりあえず営業妨害にならないよう気を付けないと・・・ふらふら
posted by casadelpapa at 13:03| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

個性的な子たち…★(^^)★

120423_0808~01.jpg
前回の日記にも書いたように、再びファッションを楽しもうと決めた管理人るんるんくつ箱から、ほとんど冬眠状態のくつたちを引っ張り出しましたくつ現在管理人のくつの所持数は20数足ですが、これでも減ったんですよ〜バッド(下向き矢印)アパレル時代なんて100足近く持ってましたからねがく〜(落胆した顔)母親に、靴屋さんできるな〜って呆れられてましたもんあせあせ(飛び散る汗)

アパレル時代、最後にお世話になったシャビー・ジェンティールのオーナー、サチさんは、自分の会社の製品を『我が子』のように思い、いつも「この子はね〜、あの子はね〜」と洋服や雑貨をさわっていましたかわいい管理人はサチさんのその気持ちが大好きで、彼女と出会ってからは自分の持ち物をそれまで以上に大切に扱うようになりましたキスマークありがとう、サチさん揺れるハート

それにしても普通のデザイン及び、普通の色が少なすぎるたらーっ(汗)履きやすさなんて二の次で、若い頃はまずデザインでしたからねリボンでもありがたい事に、いつも良い物を買わせてもらってきたので、何年、何十年経っても履ける子たちばかり手(チョキ)デザインも未だに十分通用しそうグッド(上向き矢印)

よく、友達と話すのは、やはりオシャレは足元からってこと晴れ見栄張ってブランド物を身に付けていても、くつとカバンでその人のセンスが分かってしまったりしませんか???ってか、最近は一般庶民でもブランド物のバッグや財布を持てる時代になりましたから、やはりポイントはくつかな〜くつセレブ気取ってても、エセはすぐばれまっせパンチくつについては、ブランド物履いてるからセンスがいいって訳でもないですからね〜ひらめき

管理人もそろそろ、ダイエットのためのReebok eazytoneは卒業し、再び挑戦してみるとしましょうかダッシュ(走り出すさま)とは言っても、高いヒールは当分無理だな〜ふらふらその前に足腰鍛えんと、アラフォーオカンはこけてしまいますばい…トホホたらーっ(汗)
posted by casadelpapa at 14:20| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

やっぱりファッション大好き…♪(^^)♪

vw2013fw.jpg
ロンドン滞在4年間で、管理人は15s太ったがく〜(落胆した顔)
成人してからもかなりスレンダーだった管理人、身長162pで体重は40s前半が常であったので、幸いにも肥満というレベルまでは行かなかったが、やはりこの体重増加は生活に大きな変化をもたらしたあせあせ(飛び散る汗)

一番はファッションであるどんっ(衝撃)帰国後、実家に戻って来たものの、ほとんどの洋服が着られない…ロンドンで生活していた頃はダボッとした洋服を好んで着ていたのであまり気にしなかったが、学生時代、アパレル勤務時代に購入したものは、結構身体にフィットする物が多かったから…ふらふら

お気に入りは、オゾンコミュニティー、ヒステリックグラマー、Y's、ヘルムート・ラング、ジャン・ポール・ゴルチエ、パトリック・コックス、ヴィヴィアン・ウェストウッドなど等(まだまだ好きなブランドはあるけれどるんるん)で、とにかく個性的なデザイン物が大好きだったかわいい古い言い方かも知れないが、アバンギャルド系って感じかなパンチ

帰国後は輸入関連会社に就職(アパレルとは全く違う世界たらーっ(汗))、そして結婚、ダーリンの来日、出産後転職し多忙な毎日を送る中で、長く自分の事に時間やお金を費やすのを我慢していたけれど、昨年からのダイエット成功で気を良くし、近頃は又、大好きな洋服や靴を買い始めたぴかぴか(新しい)性格が丸くなったので(笑)最近は、昔みたいにとんがったデザインの物より、TSUMORI CHISATOやZUCCAなど等(こちらもまだまだあるけれどるんるん)、見た目が柔らかく、様々に着こなすことができる柔軟性のあるデザインの物を好んで購入しているリボン

それにしてもやっぱり楽しいな〜、ファッションわーい(嬉しい顔)今なら、一消費者として、本当に洋服を楽しむことができそうだグッド(上向き矢印)
センスの悪いオカン、先生とだけは言われないよう、40代なりにしっかりアンテナを張って、管理人らしくカッコいいおばはんを目指す手(グー)

posted by casadelpapa at 15:29| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

STRONG WORDS…♪♪♪

patti19.jpg
管理人はいつもSTRONG WORDSを使い、マイ・ピープルと自分を応援する。

そうは言っていても、自分がそんなに強くない事も実は知っている。

でもそうする事で自分を励まし、マイ・ピープルを励まし、強くなりたいと日々願っている。

深い心の繋がりを理解できない、持つ事ができない人は、モノやお金、優しい言葉を単純に嬉しく思い、愛情や友情と勘違いするようだ。

そして自分が有名になったり、少々社会で頭一つ抜きん出た頃に近づいて来る人たちの優しさに感動してしまっている。

一番ダメな時に、弱っている時に、しんどく辛い時に、誰にも相手にされない時に、傍に居てくれるのが本当の仲間であり、マイ・ピープルでしょうよ。そして、そんな時にSTRONG WORDSをくれるのが、本当の愛でしょうよ。

管理人も頂きました。

〇〇ちゃんは、頑張りすぎ、背負いすぎ、マジメすぎ、そして優しすぎ…まず自分が強く、そして元気にならないと意味無いよ。自分の事、過信したらアカン!もっと周りに甘えてええの。周りにはええ人、優しい人、強い人がいっぱいおるんやから。みんな助けてくれるよ。〇〇ちゃんの事、好きなんやからね、私も好きやから…

はい、これからはもっと自分に優しく、そしてもっと労わってあげようと思います。
管理人の性分では少々難しいかも知れんけど、なんとか…

気付かせてくれてありがとう、友よ。
posted by casadelpapa at 12:00| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

文章を書くという事…(-.-)♪

IMG_0118.JPG
この『国際結婚blogデス』を始めて、早5年…スタートは2006年9月ペン

小さい頃から作文は大好きでしたよわーい(嬉しい顔)
漢字やことわざ、小学校高学年の時は百人一首にもはまりましたしね。言葉は大好き黒ハート

高校時代の友人なんて「〇〇子は、国語とか歴史めっちゃようできたのに、化学と数学エライこっちゃやったもんな〜ふらふら」はい、はい、赤点こそ取りはしませんでしたが、本当に分かりやすい0か100かの人間でございますがく〜(落胆した顔)明らかに理数系ではなく、文系でしょう…

イギリスから帰国後、地元の情報誌にパートで記事を書かせて頂いた時期もありましたが、やはり、自分の文章を不特定多数の人々が読む…という事になると、誤字脱字から始まり、事実をきちんと書けているか、自分の表現方法が間違っていないか、言いたい事がきちんと伝わる文章になっているかetc.、これでもかなり気を使っているんですよ〜たらーっ(汗)まだまだ未熟ではございますがねもうやだ〜(悲しい顔)

時間のある時には、色々な方のブログも読ませて頂いています目学生時代の通知簿の国語の欄にはいつも、「素晴らしい読解力」と書いてもらっていた管理人(ちょっと自慢ぴかぴか(新しい))、たくさんの事を感じながら楽しんではおりますが、脱字はまだ想像の範囲で意味が分かったりするので良いとして、時々とっても恥ずかしい誤字に出会ったりしますバッド(下向き矢印)何やら崇高な思いを書いているようであるのに、そういう小学生や中学生レベルの誤字を見つけたりすると、とっても幻滅してしまいますよねバッド(下向き矢印)分からないのであれば、調べればいいのにと単純に思ってしまいますむかっ(怒り)知ったかぶりは一番恥ずかしいですからね…がく〜(落胆した顔)

そしてもう一つ気になるのは、やはりその文章だけではなく、その裏に隠された…眼鏡
結構分かってしまったりしますキスマークなかなか嘘はつけんものですふらふら

管理人は有名人でもなんでもありませんから、日々の生活を頻繁に書きなぐったりしても何も意味がないたらーっ(汗)なので、何か伝えたい事がある時に時間を掛けて書くように心がけています黒ハートもう一つは同じような境遇の人たち、例えば国際結婚夫婦、働くママ達、同業者の皆さん、同じ趣味を持つ人達etc.に、少しでも共感してもらえそうな事があれば、それについても書くようにしていますひらめき

ブログを書いているお蔭で漢字をきちんと調べたり、歴史を探索できたり、思わぬ知識が増えたりと、多忙なオカンライフではありますが色々勉強させてもらえる事に感謝わーい(嬉しい顔)

最後に、文章を書く事が大好きな管理人に、父が強く薦めてくれた本の一部を紹介しますリボン

かわいい心の中にある自分の思想を、あるがままにあらわしなさい。

美しい文章で人に感心されるように立派に書こう、おかしく思われないようになんとかうわべを飾ろう、などと考えてはいけない。

よそゆきらしく気取ったりする必要もない。

ありのままを「口で話す」ように表現することが、文章にはなによりも第一に大切な心がまえである、と覚えていて下さい。

そして、心にもない「うそ」をついてはいけない。

まっすぐに心の底からの声を「ありのまま」力いっぱいうたいあげてほしい。

どのように「うたいあげるか」というと、あなたがたが自然に対し、社会に対し、あるいは人間に対して、どのような考えを持っているか、さらにどのように信じているか、それらのことをそのまま表した姿が、人の心をゆり動かす「生きた文章」となるのです。

すなわち「誠実をこめて書く」ということが、文章作法の第二の要諦といえましょう。かわいい
posted by casadelpapa at 13:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする